狸旅記録 ~たぬたび~

狸・タヌキ・たぬきにまつわるお寺・神社・スポット・珍しいタヌキ像を中心に旅しています。狸旅の記録です。

カテゴリ:狸旅 > 徳島

二十番札所・鶴林寺から遍路道を下りて大井町に着くと、県道19号線の脇に「あずまや」が建っています。その脇にタヌキの親子モニュメントがあります。

DSC_0175

お母さん 「ご飯できたわよ~」

DSC_0177

お父さん?「うどんウマ~」

DSC_0178

こどもさん「野球してくるわー」

DSC_0179

「あずまや」は20数年前の県道拡張の際に、町民憩いの場として、道行くお遍路さんの休憩所として建設されました。ゴミ箱完備。近所には大井小学校跡があってお遍路さんにトイレも開放されていました。お遍路さん向けに野宿もできるそうです。(訪れたとき鍵が掛かっていたので予約が必要だと思います)

お遍路さんをタヌキ親子さんは見守っているんですね

大井休憩所
徳島県阿南市大井町中筋

那賀町役場 相生庁舎の南に鎮座する王子神社

勝負ごとにご利益がある神社として地元の方たちの信仰を得ています。

駐車場を進んで王子神社本殿裏に白心大明神と刻まれた石碑と信楽

101_5816

山道を100mほど進みます。昔は奉納された旗が道すがら立っていたそうです

101_5813

白心大明神 木製の鳥居と祠と奉納された狸像が多数鎮座しています。

101_5811

正面から

101_5809

狸たち①

101_5810

狸たち②

101_5805

狸たち③
由来が書いてあったであろう看板は中身がなくなっていました

101_5803

狸たち④

DSC_0241

白心大明神は元々ここに鎮座していましたがボロボロだったので昭和54年に修復されました。
(相生庁舎の方談)

image


白心大明神の由来・王子の谷の白狸の話

元々ここは竹やぶに囲まれた深い谷でした。
王子の谷に棲んでいた女狸の白狸は、人間の女に化けて村の若者を誑かせていました。それは美しい娘だったので男どもはメロメロです。また男装するのも得意でしたので、村の娘も誑かせていました。一人の娘がそれは熱心に白狸にお熱をあげます。普段はからかっていた白狸も、あまりにも熱心に付きまとわれるので不憫に思いました。(私、女だし狸だもの・・・(´・ω・`)・・・)そうだ、私に惚れている村の長者の息子をあてがおう!白狸はピコーンと閃きました。早速けしかけて二人は目出度く結ばれました。白狸はε-(´∀`*)ホッと安心しました。

(参考:相生の昔のはなし/相生町高齢者役割対策推進会議)

王子神社・白心大明神
徳島県那賀郡那賀町延野王子72
バス停「延野」から徒歩5分 本数少なめ
徳島駅からバス 丹生谷線等1時間半

このページのトップヘ