狸旅記録 ~たぬたび~

狸・タヌキ・たぬきにまつわるお寺・神社・スポット・珍しいタヌキ像を中心に旅しています。狸旅の記録です。

カテゴリ:狸旅 > 大阪

大阪府高槻市にある焼鳥道場の店頭には、狸大明神が鎮座しています

101_6135

立派な祠と巨大信楽狸と子分たち

101_6132

狸は狸八相縁起が有名ですが、こちらの狸さんは五徳

101_6133

撫でるとご利益があります!

  • 頭・・・学業上達
  • 目、鼻・・・合格当選就職決定
  • 肩、胸・・・恋愛成立
  • 太鼓腹・・・安産
  • 金玉・・・金運・商売繁盛

「南無本凡狸益敬白」

撫でに行こう!

本家 やきとり道場(18時開店)

松原神社内に祀られている金高大明神
右から瀧川稲荷大明神、霰松原荒神、金高大明神と並んでいます

101_4619

金高大明神の祠

101_4620

正面拡大

101_4627

御神体の1.5メートルはあるであろう狸の石像
かなり個性的なご尊顔

101_4622

この御神体は大阪大空襲のときに心斎橋付近でひょっこり顔が出ている状態を安立に住む人が発見して、大八車でここまで運んできたそうです。

現在、商売繁盛の神様としてこの地に祀られております

金高大明神
大阪府大阪市住之江区安立2丁目2
安立町駅から徒歩3分・住ノ江駅から徒歩5分

野崎駅から山の方へ20分ほど歩くと寶頭神社があります。

101_3303

とめやん狸の話

昔、ここ野崎には狐や狸が多数棲んでいて東高野街道に架かるメノコ橋の辺りによく出た「メノコ田小坊主」は娘に化けるのが得意で、村人によく褒められごちそうをもらっていました。

しかし新池に棲んでいるとめやん狸は、悪いことばっかりして村人によく迷惑をかけていました。しかも大阪城の馬場に棲む「だんじり吉兵衛」が指南役になって手口を教えるためタチが悪かったようです。だんだんイタズラがエスカレートし、ついに収穫した作物にまで手を出したとめやん。怒った村人はとめやんを捕まえて、たぬき汁にしようとしました。

焦るとめやん 「たぬき汁だけは勘弁してー」
村人たち 「何でイタズラするねん!」

とめやんは涙ながらに語ります
「メノコ田小坊主は褒められてごちそうまで貰えるのに、ワシはとめやん とめやん言うて馬鹿にされる。高吉大明神って名前で祀ってくれたら、もうイタズラせん」 

村人たちは正一位高吉大明神と刻んだ石碑を作り、祀ったところイタズラはピタリと止みました。

現存する石碑

101_3306

寶頭神社の本殿に行く手前の石段の左側に鎮座しています

101_3308

とめやんの由来板

101_3298

なんとこのこめやん漫画になっております!

大東市教育委員会から発行されており300円で購入可能。通販もできました

image

たぬやん登場。うやうやしくまつられております

image

漫画はとめやんを通じて大東市の歴史を紹介する内容になっていて、絵が上手でスラスラ読めて楽しかったです。

寶塔神社

このページのトップヘ