香川県高松市中心部・松福町のとある路地裏にお狸さんの三伏大明神が鎮座しています

154139





勝負事にご利益があるそうで近所の競輪場に来られる方がお参りに来るようです。

通りから路地に入り、一見あるかどうか分からないですがひっそりとお祀りされています。
平成26年7月に鳥居と神殿が改築されました

154101

立派な扁額
「しょうふくさん」とも呼ばれているらしいですね

154116

三伏大明神の説明が書かれた掲示板

154202


三伏大明神(みつぶせだいみょうじん)

幕末または明治の初頭、松平の殿様より、川崎家がお守りするようにといわれ、拝領したものとされている。
その後、明治十八年(1886年)高松商法会議所等を設立した鈴木傳五郎氏が中心になり、拝殿等を造営した。
お狸さんを祭神とし、勝負事に御神徳があるといわれている。
また、目の病にも御神徳がある生目八幡大神宮も合祀されている。
訪れたのが12月下旬だったのか祠の横にいた信楽狸さんもお正月用に正装していました

154230


香川県高松市松福町1丁目7付近の路地
今橋駅から徒歩7分
2018年12月参拝