南佐古三番町・庚申山天正寺に佐古界隈の大ボス狸・庚申新八大明神とその妻・お竹大明神、長男の権八大明神を祀っている祠がある。

09-1
石段を登っていく。スロープはない。

09-2

天正寺の本堂。
向かって左側に新八家族の狸の置物がいる。
09-3

中古の軽自動車が買えてしまう豪華なラインナップ

お父さんでっかいなーさすが大ボス

09-4

阿波の狸奉賛会の由来板

09-6

佐古かいわいきってのボスで金長とならぶ勢力を持ち阿波の狸合戦では金長に味方した。
幕末のころ藩の鉄砲師範北島藤蔵としばしば技くらべをするほどの技を持っていた。
女房のお竹と比翼塚として佐古の庚申堂横に祀らる。
権八はその仲に生まれた息子で親ゆずの技をもっていた。

本堂左奥に三狸を祀った立派な祠もある。

09-5


※新八は佐古上大安寺に屋敷を構えていた鉄砲師範役の北島藤蔵に対して悪戯をした為、怒った北島に射殺された。三日目になって元の狸の姿になった。新八らの祠は当時赤い幟や提灯が並んで詣でる人が多かったが、新八を撃ち殺した北島の墓は菩提寺である清水寺の無縁仏になって荒れ果てている。

※臨江寺のお松は義理の姉(お竹の姉)。お竹は椿大明神の二番目の娘。椿さんの夫はダメ亭主で苦労が絶えなかったそう。

※庚申山山頂に祠があったがお参りしにくい為、戦後、境内に移した。

※大阪市阿倍野区・股ケ池明神に狸の権八大明神が祀られていた。関係があるのだろうか

09-7


庚申新八大明神、お竹大明神、権八大明神
徳島県徳島市南佐古三番町3-1
庚申山天正寺
祠めぐりコース◯