止呂橋近くの棲白神社は、家来が36匹という大親分・棲白狸を祀っています。

101_5401


氏神さんの土呂明神

101_5394

境内の左奥に鎮座しているのが棲白神社です。

101_5395

棲白とは、狸が座った時、前足のつま先が白いからそうよばれているそうです。褄白狸は同じ西条の八堂山の八堂狸の弟分でした。家来が36おって全国に散らばって神様に祀られています。願い事をするときは、アゲを供えて、願いが叶ったら七色アラレをお供えしよったと古老。

江戸時代末期、下津池の峠に老婆が一人で住んでいて、狸がのりうつり、老婆は焼け死んでしまいました。老婆は焼け死にましたが、狸は焼け残って災いをおこします。村人三軒がお祀りしていましたが、明治のはじめ頃、村でお祀りするようになって、氏神さんの境内へ移されました。

棲白神社
愛媛県西条市藤之石 止呂橋近く