徳島県三好市国道32号線にある道の駅・大歩危。観光案内やムーンストーン・鉱石の展示のほか、地域に残る妖怪伝承を展示した妖怪屋敷があります。

DSC_0026

妖怪屋敷の顔パネル。妖怪気分で記念撮影ぱちり

DSC_0025

こなき爺の故郷として有名で故水木しげるさんが会長を務められた世界妖怪協会から「怪遺産」として全国2例目の認定を受けました。妖怪の伝承話の半分が「たぬき」の話で、妖怪屋敷もたぬきが多く展示されています。たぬき好きとして一見の価値あり。

101_3818

たぬきの行列のジオラマ

101_3808

妖怪屋敷入口 こなき爺と龍

101_3778

妖怪屋敷ではかわいい狸からこわーい狸、いろいろな妖怪たちが幅広く迎えてくれます。是非行ってみてくだされ

妖怪屋敷前のお土産コーナーでは、下岡先生著の本やうちわ、アーティストが作成したたぬきCDなどが購入可能。「やましろたぬき話」がオススメ。予備で2冊買ってきた!

DSC_0021

売店では四国たぬきクッキーが。2回訪れたのですがうどん狸をイメージして作られた数量限定のうどんセットは食べられませんでした。残念(T_T)

DSC_0022

道の駅大歩危 妖怪屋敷
徳島県三好市山城町上名1553-1
大歩危駅から徒歩20分
9:00〜17:00
3月〜11月は無休、12月〜2月は月曜定休(月曜が祝日の場合は営業、翌日休館)
大人500円、小・中学生300円
お土産コーナーの入場は無料