群馬県館林市にある分福茶釜で有名な茂林寺。

境内には1960年に設置されたという笠間焼の陶工・水谷藤太郎(藤八)作の狸像がズラリと並んでいます。水谷さんは信楽焼狸の第一人者・狸庵さんの親せきの方です。

この子たちは時期によって様々なコスプレをしてくれます。雛たぬき・ハワイアンたぬき・五月人形たぬき・お掃除たぬき等。今回はコスプレ時期に行けませんでした(´;ω;`)また次回

101_0863

山門から奥にかけての狸たちのご紹介~

ゼッケン番号13番たぬき~「今日を恃む貌すれば去年今年なし」

101_0904

101_0905

101_0906

ゼッケン番号14番たぬき~「春浅くなお化け切れぬ尾をかつぐ」

101_0907

101_0908

101_0910

ゼッケン番号15番たぬき~「朧夜の何か気になる大つづみ」

101_0911

101_0912

101_0913

ゼッケン番号16番たぬき~「やや少し化け残したり安居前」

101_0914

101_0915

101_0916

ゼッケン番号17番たぬき~「焼酎の徳利を庫裡に哀れしや」

101_0917

101_0918

101_0919

ゼッケン番号18番たぬき~「盆僧となる黒染の化けきれず」

101_0920

101_0921

101_0922

狸さんの紹介は続きまーす その4へ
その1 その2

曹洞宗青竜山茂林寺
群馬県館林市堀工町1570