東京都大田区大森にある磐井神社。平安時代後期に編纂された「延喜式」に記載されている古社ですでに貞観元年(859年)には官社に列され、武蔵の国の八幡社に定められたといわれています。社殿の左、池の中に弁天島がありここに琵琶を持つ弁財天が祀られています。別名「「鈴ヶ森八幡」と称され、江戸時代には将軍家の帰依を得ました。


101_1044

境内に狸筆塚
建立は文化6年(1809年)です。
文人が使用した筆を埋め、供養の為に立てました。

101_1047

狸っぽい動物が刻まれています

101_1051

狸筆塚は江戸文人石碑群のうちの一つで江戸時代の書家、松下烏石(?~1779)が寄進した鈴石・烏石(非公開)の寄進の由来を記した烏石碑をはじめ、松下烏石の門下等が建立寄進したものです。狸筆塚の他、退筆塚、竹岡先生書学碑、烏石碑が並びます。

101_1054

磐井神社
東京都大田区大森北2丁目2−20−8
大森海岸駅から徒歩3分