若者の街・原宿のすぐそばにある妙円寺

101_0492


境内には様々なタイプの狸の石像・置物が立ちます

笠が欠けてしまった狸石像

101_0507

デザインが斬新な狸石像

101_0505

おなじみ信楽狸

101_0503

分福茶釜狸

101_0500

夫婦狸と年代物の貴重な八狸

101_0496

子供会の活動が活発だった頃は、狸の報恩話に因んで10月8日に子供たちがタヌキのお面やぬいぐるみを着て境内に集まり、大釜で作られた汁粉を振る舞う「タヌキじるこ供養」が行われていました。1992年が残念ながら最後の開催だったそうです。

狸の報恩話

今からおよそ730年前、小豆畑を荒らしていた一匹のタヌキが罠をしかけた子供達に捕まってしまいました。捕まえたタヌキを囲んで騒いでいると日蓮上人が通りかかりました。哀れに思った上人は、子供達からタヌキを助け、逃してあげました。タヌキを恩を感じ、小豆を拾って小豆汁粉を作って上人様に献上しました。


日蓮宗蓮光山妙円寺
東京都渋谷区神宮前3ー8ー9
東京メトロ明治神宮前駅から徒歩10分