兵庫県神戸市中央区にある商店街・大安亭市場

101_6188

激安がウリです。野菜が安すぎるー

101_6193

大安亭のゆるキャラ・ロダンの狸です。市場の北側入り口にマスコットの石像が鎮座しています

101_6219

ロダンの狸の由来は、中国に「魯之男子」と云う古い熟語があり、一生懸命に芝居をする狸に、プロの証として、この熟語を略した「ロダン」と名付けられたと伝えられています。魯之男子の意味は「物事をまねるので無く、精神を学ぶ」だそうです。

101_6214

明治の頃、淡路の熊取山に一匹の狸が住んでいました。芝居が好きで、周りの狸も人間もうまい、うまいと囃し立て狸も自信満々でした。ある日、旅の行商が神戸の大安亭で中村久米三郎という役者がえらい評判だという話をしていました。神戸といえば、目と鼻の先です。狸は船に乗って神戸へ旅立ちました。大安亭の芝居小屋はたくさんの人でいっぱいでした。狸は中村久米三郎に芝居の勝負を申し込みます。狸の出番になって出演したところ、人々は狸が芝居している!と笑い、狸もあまりの羞恥に頭が真っ白になってしまいました。中村久米三郎は狸に自分も若い頃はお前みたいに天狗になっていたと語り、狸は改心し諸国修行の旅に出ます。厳しい修行の後、大安亭に返ってきた狸に中村久米三郎はもう一度、舞台に立つようすすめます。狸は一所懸命頑張り芝居をしました。誰も狸を笑う者はいません。狸は頑張りやで努力家なので、大安亭の人々は狸のことを中国の故事の魯之男子からとって「ロダンの狸」とよびました。

市場の途中にある休憩所

101_6204

あちこちロダンの狸

101_6194

ロダンの狸の旗

101_6207

リサイクルショップで売られていたタヌキの剥製。残念ながら売約済でした。
写真だけ撮らせていただきました

101_6211

大安亭市場 ロダンの狸