東京都世田谷区三宿にある三宿神社は、明治維新後の一村一社制度により、廃寺となった多聞寺の寺地に創建したと伝えられます。

101_6338

多聞寺の毘沙門堂を本殿に転用し、祭神を毘沙門天(後に大物主神へ訂正)としていましたが、後に倉稲魂命を祭神としました。

101_6342

後に訂正したのは稲荷社があった為と考えられています

101_6344

この三宿神社にはたぬきにまつわる伝説があります。近辺に住んでいた少年がある日、怪我をしたたぬきを助けました。たぬきは恩返しとして境内裏手の丘から流れる湧水のことを教えました。少年の父親がその水を飲んだところ、患っていた病気は治ったそうです。9月22日~23日の例大祭には、この伝説に因んだ「たぬき囃子」の神楽が奉納されます。

多門寺といえば墨田区にある狸塚がありますね。
何か関係があるのかもしれませんね

三宿神社

池尻大橋駅から徒歩15分
東急バス「三宿」下車 徒歩5分