狸旅記録 ~たぬたび~

狸・タヌキ・たぬきにまつわるお寺・神社・スポット・珍しいタヌキ像を中心に旅しています。狸旅の記録です。

2017年06月

御茶屋観音堂入口に鎮座するおたぬき地蔵

101_5287

詳しい由来は何だろうとふと視線を落とすと右下に何か書いてある・・・

101_5297

「あずきあらいたぬき」というらしい

「この狸は御茶屋谷で小豆を洗うような音をたてていました」

小豆あらいたぬきは四国の各地で目撃談がありますね

101_5291

御茶屋狸地蔵
愛媛県新居浜市西の土居町2丁目8−11

東京都大田区山王にある大森山王日枝神社。最寄駅はJR大森駅で歩いて5分ほどのところに鎮座しています。

境内にある山王稲荷

101_6486

進んで右側に庚申塔2基とたぬきの石像があります。由来は分かりません

101_6491

残念ながら鼻が欠けています

101_6493

後ろから~

101_6495

お邪魔しました~

大森山王日枝神社 境内社 山王稲荷 たぬき石像



大安亭市場と三宮あじさい通商店街の中間あたり、旧西国街道(本街道)沿いに「ロダンの狸広場」があります。

101_6220

こちらの狸の頭上は水平になっています

101_6222

ロダンの狸広場
兵庫県神戸市中央区旭通2丁目付近

近鉄石見駅から10分ほど歩くと木々が生い茂った神社に到着

101_6702

稲荷平野神社 鳥居の側に狸の置物がお出迎え

101_6703

オーソドックスな信楽狸さん いらっしゃい

101_6708

本殿と狛狐

101_6709

本殿右側に祠が2つ並んでいます。
その左側が豆八という狸を祀っているのだそうです。
中には「正一位稲荷豆八大神霊」という木札が一枚。

101_6716

境内に人懐っこい猫さんもいらっしゃいました。
ゴロゴロ~

101_6714

のんびりした空気が漂っていてリラックスできる神社です。

稲荷平野神社
奈良県磯城郡田原本町八尾
近鉄・石見駅から徒歩10分
駐車場なし

箸蔵街道の途中に狸に化かされて朝まで石地蔵を磨いていたという話が残っており、またその石地蔵が現存しているということで行ってまいりました。

箸蔵街道(はしくらかいどう)は、かつて讃岐のこんぴらさんと阿波の箸蔵寺を結ぶ信仰の道として、また、阿波と讃岐を結ぶ物流の道として栄え、数多くの人が行き交った旧街道だそうです。

途中下車した秘境駅で有名な坪尻駅

DSC_0683

汽車の時間の都合があるので今回は讃岐財田駅~箸蔵寺~箸蔵駅の行程で歩きます。

スタート地点の讃岐財田駅

DSC_0690

山の方へ向かって歩いていくとバリケード。立ち往生していると民家の方が開けてくれました。イノシシが出るので閉じているとのことでした。鍵は掛かっていないので手動でオープン可

DSC_0698

箸蔵街道の説明の看板

DSC_0706

木々が茂っている中ひたすら登ります。

DSC_0717

四国のみちの一部として整備されているので歩きやすい

DSC_0720

天気がいいので清々しい

DSC_0727

綺麗に咲いていました

DSC_0731

野鳥観察所で休憩

DSC_0745

点在している案内板

DSC_0735

点在している案内・丁石
こちらは六十八丁と刻まれています

DSC_0755

直立した木々

DSC_0757

到着! ちょうど境界線のところにあります。
峠の石地蔵狸の案内板です

DSC_0770

拡大

DSC_0771

峠の石地蔵狸由来(現地看板より)

むかしむかしの話じゃ。讃岐の国に住む作造という者が、阿波の国にある親せきの家に行ってごちそうになり、つい話がはずみ、帰りがおそくなってしもた。峠にさしかかった時、うしろの方からさっきわかれた親せきの者が「おーいおーい、待ってくれ」と追いかけてきたのじゃ。「じつは、わかれたあとでおもいだしたのじゃが。おまはんフロあびてゆっくり帰ってくれ」とせっかく山道を追ってきてくれたので作造はこころよくひきかえしたそうな。そしてフロに入っておると、親せきの者が、しんせつに背中を流してくれたそうな。

そこで次に親せきの者がフロに入ったので背中を流してやったのじゃが、いつまでたってももうよいと言わんのじゃ。ゴシゴシ、ゴシゴシ。いくらすっても返事がない。フウフウいいながら一生けんめいに背中をすっておると、うしろで「これこれおまはん何しとんじゃ」と声がするのでふりかえってみると、夜はすっかり明けて東の空はほのぼのしらんてあった。声をかけたのは山仕事に出かける炭やきだったのじゃ。なんと作造は、峠にある石の地蔵さんを一生けんめい手ぬぐいでこすっておったのじゃ。これは峠に住むしょうわる狸のしわざだといううわさが広まってから、峠を通る人もいなくなってしもたそうな。    昭和六十一年三月 香川

看板より西の方に進むと石地蔵が鎮座

DSC_0783

とてもやさしいお顔
人間の間抜けっぷりに笑っておいでなのかも

DSC_0775

石地蔵さんを進んで進んで

DSC_0792

二軒茶屋に到着。
昔は茶店が二軒あり、ほかに民家もあったそうです。
この建物はその茶屋ではなくて個人の持ち物で、たまに持ち主がいらっしゃって皆で集まって茶とかしばくらしいです。ソーラーパネルで電気発電できるという近未来的。

DSC_0806

馬除というむかし馬が休憩していたとされている所の民家は無人でした。

DSC_0828

どんどん山歩き

DSC_0834

弘法大師のゆかりの湧水

DSC_0843

到着。箸蔵寺の裏の八十八ヶ所地蔵さんのところに出ます

DSC_0850

箸蔵寺の天狗。讃岐のこんぴらさんのお祭りの時に使われた箸を箸蔵山にすむ天狗が箸蔵山に運び納めたといわれています。

DSC_0883

箸蔵寺山門

DSC_0887

石段を下りて下山します。
※ロープウェイで下りることも出来ます


DSC_0888

天狗のモニュメント

DSC_0891

滑るので気をつけて・・・

DSC_0899

途中の地蔵さん

DSC_0906

民家まで下りてきました

DSC_0911

箸蔵駅に到着です。6時間ちょっとかかりました。


DSC_0913

箸蔵街道 石地蔵狸
香川県三豊市・香川県仲多度郡まんのう町・徳島県三好郡東みよし町にまたがる

このページのトップヘ