狸旅記録 ~たぬたび~

狸・タヌキ・たぬきにまつわるお寺・神社・スポット・珍しいタヌキ像を中心に旅しています。狸旅の記録です。

2016年06月

東京都世田谷区にある常福寺

101_0350

徳利を支えているのが鎖の昔のタイプ

101_0344

雌タヌキが雌タヌキを掲げているとっても可愛いタイプ

101_0345

赤いちゃんちゃんこに花束を持つ可愛らしいタヌキ

101_0346

仲間たちを引き連れている貫禄の親分とその子分たち

101_0353

おなじみ八相狸の由来

101_0356

変わり種 たぬきひな壇

101_0364

お疲れ様です( ・ิω・ิ) 警察官たぬき

101_0370

先代の和尚さんがタヌキ好きだったそうで、境内には所狭しとたぬきの置物コレクションが出迎えてくれます。

顕本法華宗法立山常福寺
東京都世田谷区北烏山2丁目8−1
久我山駅下車徒歩12分、烏山駅下車徒歩15分

荒川区にある誓願寺

101_0292

境内に草木が生い茂っているところに狸獣塚があります

101_0294

石の塚に「狸獣墓」と刻まれています

101_0295

拡大したところ「狸獣墓」

101_0296

誓願寺の狸の話

昔、誓願寺の隣りに魚屋さんがありました。
あるとき売っている魚が消失すること事件が発生。
犯人は近所に棲んでいる古狸のイタズラということが分かります。
古狸を叩き殺すと、その日の夜から物が浮遊するなどの怪奇現象が起こるようになりました。
祈祷師をよんで見てもらったところ、それは殺した古狸の子供の仕業だと分かったようです。

そういうこともあり、狸獣墓の塚を立てて古狸を供養しました。

浄土宗豊徳山恵心院誓願寺
東京都荒川区南千住6丁目69−22
南千住駅から徒歩12分

このページのトップヘ